人気ブログランキング |

第三次世界大戦終戦直後の光景

哲学・思想
田舎から終点K駅に向かう電車の中で
車窓から見た外の光景の夢

一面焼け野原になったK市
あちらこちらロボットが
放射能除去作業をする中
防護服着た人間の集団が
ロボット看守に見張られながら
命懸けの放射能除去作業を行っていた
防護服を着ていても長時間も居られない
環境だ

この人達は戦時中に
混乱に乗じて凶悪犯罪を行っていた
囚人達である

死刑制度は無いが死ぬまで
労役に服し、罪償いに
人類と地球の為に貢献しなければならない

この光景を見ながら乗っている
終点まで直通の電車の車内は安全である

この夢の時代は遠い未来に感じられました

by gfry | 2020-09-18 15:35 | 予知夢 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード