未来の世界政府下の子供

子供は5歳で義務教育

親から切り離され全寮制の国立学校へ入れられる
卒業するまで管理生活と洗脳教育を受ける
18歳で義務教育終了

子供の内に将来の職業が決められる
それに合わせて進学する

ここで一般とエリートに振り分けられる
エリート候補生は更に上の学校へと進学できる

学校の制服の他、学校私服という私服まで存在する

生徒と教師、職員以外学校への出入りを許可されるのは
家族とOBのみ

学校は男女別学か共学か共学でも男女別クラス

保護者の組織(PTA)が存在しない
→学校からの一方的な通知のみ

休日の外出もGPSで監視される
→子供と女性を狙う犯罪が多いから身を守る為

世界に点在する7つの校舎を不定期に高速艇で移動
→学校と子供を狙うテロが多いから身を守る為

教科書はタブレット(電子)教科書なので多く持ち歩かなくていい
紙教科書もあるが、学校図書で借りる事も出来る

授業は電子黒板や立体ホログラム活用
実習と研修も多い


[PR]

by gfry | 2016-03-06 16:09 | 未来社会